So-net無料ブログ作成
検索選択

激流 原作の結末とネタバレ 柴田よしき著 [読書感想]

激流 柴田よしき著 激流 原作の結末、あらすじとネタバレ記事です。
犯人(?)まで一気にわかってしまう内容となっていますので、これから読書予定の方やドラマを楽しみたい方はご注意下さい!

ドラマと原作は多少違っています。こちらは原作の結末やネタバレです。

ドラマはこちら
激流あらすじネタバレ第1回
激流あらすじネタバレ第2回
激流あらすじネタバレ第3回
激流あらすじネタバレ第4回
激流あらすじネタバレ第5回
激流あらすじネタバレ第6回
激流あらすじネタバレ第7回
New↓8/13更新
激流あらすじネタバレ最終回第8回

2013年夏、ドラマ化!

激流~私を憶えていますか?~(NHK)毎週火曜日夜10時です。
2013年夏のドラマ一覧表

激流.jpg

京都。7人でグループ行動をしていた修学旅行生。
知恩院に向かうバスで、その中の1人の女の子、小野寺冬葉が消息を立ちました。

そしてそのまま姿を現すことはなかったのです。
しかし、20年も経ち、35歳になった6人に、突然メールが送られて来ます。

「わたしを憶えていますか?」

再会した6人の同級生達に、次々と不可解な事件が起こります…。
果たして、冬葉は生きているのでしょうか!

離婚、リストラ、薬物依存、不倫。

6人がそれぞれ抱えている問題が浮き彫りにされて行きます。

美弥は作家であり歌も歌う芸能人。
しかし薬物で逮捕され、執行猶予が付いたものの前科者と呼ばれる身の上。

貴子は主婦。
しかし夫がリストラされ、元々エリートサラリーマンというわけでもないのに、子供を私立に入れたり、住む場所(地域)や賃貸住宅には決して住みたくない等、お金が無くては出来ない事に拘って譲らず、金銭的に余裕のない生活をしていました。
主夫売春組織に加わって売春するだけでなく、個人契約までして夫の再就職を頼んでしまいます。

圭子(サンクマ)は文芸雑誌の編集者。
浮気した夫との離婚問題を抱えていました。
夫の浮気相手はそこそこ売れている小説家。
圭子と仕事の場で会うような事を避けたいので、圭子には文芸の世界から居なくなって欲しいなどと言う、自分本位な要求を突きつけて来ます。

東萩耕治(ハギコー)は刑事。
ハギコーは独身で彼女も居らず、これと言って問題はありませんでした。
美弥の元彼の榎が容疑者の1人である、世田谷主婦殺人事件の担当であった事から、公的にも私的にも冬葉失踪事件に振り回される事になります。

鯖島豊(サバ)は一流メーカーのエリートサラリーマン。
だったのですが、エリートコースを外れてしまい、妻とも離婚。
そして付き合った若い彼女とは上手く行かずに別れようとしてもうまく別れられず、ストーカー的な嫌がらせを受けた挙句、刺されてしまいます。


(ナガチ)行方不明
20年前に行方不明になった小野寺冬葉と両想いで、ひっそりと付き合っていました。
付き合っていた冬葉が行方不明になってしまった事から心に傷を負い、外国に渡ります。
冬葉がフルートを得意としていつも吹いていた事から、音楽の世界に入り、物語終盤に日本に帰国して同級生たちと再会を果たし、当事の事を皆と話します。

とまあ、それぞれ問題を抱えていたのですが…
今回の、冬葉のふりをしてメールをして来た人間に、元々持っていた問題を大きくされてしまいます。

圭子だけは難を逃れるのですが、その理由が凄い。
夫に浮気されて離婚され、あまりにも可哀相だったから何もしないであげた、くらいの事を言われてしまいます。


結末をネタバレしてしまいますと、冬葉は20年前に失踪したその日に亡くなっていました。
それには毛利佳奈子という人物と、冬葉の担任であった旭村という人物が関係していました。

かなりドロドロしているのですが、まずは、冬葉の母が冬葉の担任の男性教師、旭村と不倫していた、という事実があります。
そしてまた旭村という男は冬葉の母に入れ込んでしまうのですが、同じ中学の音楽教諭である毛利佳奈子(もうり かなこ)とも付き合っていて、婚約までしていた仲だったのでした。

さて、20年前の修学旅行で冬葉は一体どうして行方不明になどなったのでしょうか。


冬葉はバスを降りて旭村に会いに行ったのでした。
冬葉は旭村など好きではありませんでした。

旭村と冬葉の母親、裕子が不倫関係である事を、音楽教師の毛利佳奈子から聞き(って凄いですよね!恋敵の娘とは言え、教え子ですよ!)京都への修学旅行を利用して旭村と裕子が密会しようしているのを知った冬葉は、バスの中から旭村の姿を見かけて、密会の現場を暴いて意見しようとでもしたのかも知れません。

しかし、冬葉の母は、密会の約束はしたものの、旭村をすっぽかしました。
待ちぼうけを食わされてがっかりと冬葉の母を待っているところに、毛利佳奈子が来ます。
毛利佳奈子は旭村を嘲り、振られたのねと笑いました。
旭村はカッとして毛利佳奈子を殴ったのですが、毛利佳奈子はそのとき腹部に激痛を感じて倒れ込んでしまいました。
旭村が殴ったせいではなく、その少し前から出血しており、旭村の子を流産していたのでした。

そこに、何か大きな勘違いをした冬葉が泣き喚きながら旭村に向かって行きました。
多分、旭村が毛利佳奈子を殴って、倒れた佳奈子が大出血をしているところから、刺されたとかよっぽど酷く殴られたとかの勘違いをしたようです。

掴みかかられた旭村は自分を守る為に腕を振り回したらその腕が冬葉に当たってしまい、冬葉は地面に倒れそうになり、そこに佳奈子が倒れていたので、それを避けようとしたような様子でジャンプするように倒れました。
しかし、そのまま冬葉は動きませんでした。

なんと、斜めに鋭く尖った竹が冬葉の喉を突いて冬葉の喉からはシュウと音を立てて血が吹き出ていたというのです。
そして、毛利佳奈子は旭村を帰し、自分は痛みに耐えながら横たわり、亡くなってしまった冬葉をずっと抱いていて、体力が戻って動けるようになったら遺体を隠して後で埋めに来たのでした。

佳奈子は病気でもうすぐ死ぬという事がわかっていると言います。
そして、冬葉の事は不幸な事故だったと思っていると言います。

しかし、何故そんな不幸な事故が起きたのか、冬葉を殺したのはやはり貴方達なのだと佳奈子は結論付けます。

修学旅行で一緒の班だったメンバーのうち1人でも冬葉に話しかけてくれたり気にかけてくれていたら、あの子はバスを降りれなかった。
旭村に殴りかかる事もなければ死ぬ事もなかった。

と、とんだ逆恨みを話し始めます。

話を聞いている圭子は、もうこの人は20年前に、とっくに壊れていたのだ…と思います。

冬葉の遺体は20年ぶりに掘り起こされ、発見されます。
佳奈子先生の死体遺棄の罪はもう20年経って時効で罪には問われません。
ハギコーと美弥はドラマでは深い仲になりますが、原作では特にそういう事は起きませんし、美弥は榎の陥れられて覚せい剤所持で捕まってしまったのではなく、本当に薬物を使用していました。

圭子についても、ドラマでは鯖島を昔好きだった事を告白して良い感じになったりしますが、原作では圭子には別の彼氏が居ます。
ただ、離婚も成立するしその彼氏とも別れるので、これからもしかしたら鯖島と…という可能性は少し残したままの事件解決で特に書くような事は起こりません。

一番悲惨なのは貴子でしょうか。
貴子の契約愛人を殺したのは貴子の夫であり、貴子の夫は貴子が売春していた事を知っていました。
また、夫も貴子もHIVに感染しており、どちらがどちらにうつしたのかは不明でした。
そしてその事が貴子を打ちのめしてしまい、貴子は精神の均衡を崩してしまい、精神病院に入院する事になってしまいます。

様々な場面で、「逆恨み」という言葉が印象に深く残る作品でした。
所詮、自分に起こったものごとの結果を人に求める人は、何年経っても成長できず、自分を楽にする事も出来ないという教訓の小説だったのでしょうか。


佳奈子の業の深さ、冬葉の母がドラマとは違って再婚して静かな女の幸せを手に入れ、再婚宅には冬葉を思い出させるような物は置かないという程に母であるより女性であった事なども印象深かったです。

ドラマには一切出て来ない佐原(この人も佳奈子に踊らされて美弥の周りをうろついていた人)が、私から見ると原作の中では一番魅力的な人物なので、ドラマではこの人を出さなかったのは何でだろう?と考えています。

ドラマ… これから出るにはちょっと無理がありそうなのですが、どうなんでしょうね?

途中のハラハラする感じや、全てきちんと説明があって伏線の回収モレも無いところはすっきりしました。







 

あのリバテープがプラセンタを↓




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ナトゥーラ (川崎日航ホテル10階)でバイキング [バイキング/ビュッフェ/食べ放題]

ナトゥーラは、川崎日航ホテルの10階にある、カフェレストランです。

image-20130714130307.png

今まで2回程、朝食バイキングでお邪魔したことがありました。

image-20130714130321.png

今回はブランチの時間で行きます。
今日は7月の14日、日曜日です。

前日の夜、電話で11:30に予約しておきました。
既に窓側の席は埋まっているとの事でしたが、まあ、前日の夜ですからねぇ…。

ナトゥーラはこじんまりと清潔感があって、朝食で2回行ったときには、お料理も美味しかったです。
よく日の当たる明るい店内でゆったりとした朝食を頂く事が出来ました。

ホテルの朝食バイキングは、どうしても朝食だと何処も似通った物になってしまうので、今日これから行くブランチは期待しています。

土、日、祝は90分制とわざわざ書いてあるところをみると、ウィークデーは時間制限がないようですね。
こちらも行って来たらレポートします。

利用可能時間は、平日11:30~14:00
土、日、祝日は11:30~15:00(90分制)

大人 平日1,780円 土日祝2,200円
シニア平日 1,780円 土日祝2,200円
小学生 平日1,200円/土日1,300円
幼児 800円

JR川崎駅東口から徒歩1分、川崎日航ホテルの10階ですからすぐにわかると思います。

休日はみなとみらいで遊ぶ事が多いのですが、川崎も、ラゾーナもあるし、巨大地下街のアゼリアもあり、昔からのアーケード商店街の銀柳街もあり、チネチッタもありと、自宅から気軽に行ける繁華街です。

川崎の色々な写真を撮って来たいと思います。

行って来ました↓

2013-07-14 11.40.13.jpg
サラダバー 新鮮で種類も豊富で美味しかったです。

2013-07-14 11.40.19.jpg

2013-07-14 11.48.59.jpg
↑ビーフステーキは目の前で焼いてくれたのを貰って来ます。
このお肉は脂っぽ過ぎず、噛み締めるとお肉の良い味がしてとても美味しかったと思います。

2013-07-14 11.57.15.jpg
↑写真は
チキンと白菜の蒸し物 柚子胡椒ソース
白身魚のロースト 彩野菜のクリームソース
明太子とほうれん草・ポテトのクリームグラタン。

チキンの白菜蒸しは、柚子胡椒ソースが美味しく、胸肉もパサパサ過ぎず上手に蒸してありました。

2013-07-14 12.23.12.jpg
ピザ美味しかった!

2013-07-14 12.19.18.jpg
オニオンコンソメスープは色程味が濃いわけではなく、ホテルのコンソメスープ、という味でした。

2013-07-14 12.16.04.jpg
五色豆の混ぜご飯
塩味が少し強め。でも美味しかった。

2013-07-14 11.58.45.jpg
豚肉と根菜のトマト煮
これが意外な美味しさ!
トマトと豚肉って合うんだなあ、真似したくなりました。

2013-07-14 12.30.48.jpg
揚げ物(週替わり)
点心(週替わり)
チキンナゲット
フライドポテト

揚げ物はクリームコロッケでとても美味しかったです。
点心は大根餅だったのですが…

これが…!
正直言って、今まで食べた大根餅の中で一番不味かった(汗
粉っぽい感じで、ベタベタした感じで…見た目も透明感が無くてイマイチですが…ビュッフェで取って来た物を残すことは絶対に出来ないので、主人が食べてくれました。

他の物がほとんど美味しかったので、この大根餅だけは非常に残念でした。

2013-07-14 11.58.35.jpg
カレーはひき肉のカレーでした。
主人が気に入っていました。

2013-07-14 12.41.39.jpg

チョコファウンテンがあって、キッズコーナーがありました。
キッズコーナーには、肉団子、フライドポテト、チキンナゲットが置いてありました。

デザートも満足な種類が用意されていました。

2013-07-14 12.58.23.jpg
シフォンケーキ美味しかった~。紅茶味でした♪

2013-07-14 12.45.15.jpg

2013-07-14 12.51.16.jpg

2013-07-14 12.51.49.jpg
フルーツも、オレンジにライチ、グレープフルーツにパインがあったかな…?
写真がなくて済みません。



全体を通しての感想ですが、ホテルのバイキングは大抵そうですが、サービスの方々が感じ良く、とにかく店内が清潔です。
お料理を取る際にお客が失敗してこぼした物はすぐに拭き取られ、清潔な感じが保たれています。
そうでなくては困りますが、なかなかそうは行かないというお店も多いものです。

お料理の補充が素早いのも嬉しいです。
無くなるとすぐに、出来立てが補充されるので安心ですね。

丁度運ばれて来たピザがアツアツで生地がサクサクとして本当に美味しかった。
コロッケも揚げたてを良いタイミングで頂く事が出来ました。

今度はディナービュッフェも来てみたいと思いました。


◆メニューはこちら
〈実演/土日・祝日〉鉄板焼きサーロインステーキ
オニオンコンソメスープ
冷しタン麺
五色豆の混ぜご飯
けんちん汁
ホテル特製ビーフカレー
明太子とほうれん草・ポテトのクリームグラタン
白身魚のロースト 彩野菜のクリームソース
ポークのロースト(週替わり)
帆立小柱とキャベツ・オニオンのチリソース
チキンと白菜の蒸し物 柚子胡椒ソース
豚肉と根菜のトマト煮
アスパラとベーコンのピッツァ
揚げ物(週替わり)
点心(週替わり)
ライス
ミモザサラダ
レタスと海草のサラダ
マカロニとかぼちゃのサラダ
野菜サラダ各6種
デザート(ケーキ・フルーツ各種)
チョコレートファウンテン
ホットコーヒー・紅茶
ソフトドリンクバー
土日・祝日限定「キッズコーナー」

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

SUMMER NUDE あらすじネタバレ第一回 [SUMMER NUDE]

SUMMER NUDE あらすじネタバレ第一回です。
ドラマ、SUMMER NUDEのあらすじを追っています。
録画派の方にとってはネタバレ満載というか全てがネタバレですのでご注意下さいね。

初回は15分拡大です。
 三厨朝日(山下智久)は、海辺の街の写真館に勤めるカメラマンです。

冒頭は三厨朝日(山下智久)が、彼女が居なくなってから三度目の夏が来た。
とつぶやきが聞こえています。

結婚式のシーンで、千代原夏希(香里奈)と古山幸太(福士誠治)が新郎新婦です。
三厨朝日(山下智久)はカメラマンで、写真を撮っています。

すると、式の途中で新郎の古山が逃げ出す、というハプニングが起こりました。
突然のことに、呆然とする夏希の前でタクシーに乗って走り去る新郎。
しかし朝日は、そんな夏希の姿も撮影しました。
驚く夏希に、ふたりの一日を写真に収めるのが自分の仕事だ、朝日は答えます。
怒った夏希は朝日の横っ腹にボディーブローをお見舞いします。

 別の日、谷山波奈江(戸田恵梨香)は、砂浜で寝そべる朝日の横っ腹のアザを見つけて、それは何と聞きます。
朝日が、結婚式で男に逃げられた不幸な女に殴られたと説明すると、波奈江は、10年間好きな男に相手にされない自分とどっちが不幸だと思うか、などとからむ。

 その後、朝日と波奈江は、下嶋賢二(高橋克典)が営むカフェ&バー「港区」に来ました。
ビールを飲みながら他愛もない会話をするうち、話題は賢二の妻で出産を控えた下嶋勢津子(板谷由夏)の話になります。
毎夏、勢津子が切り盛りする海の家「青山」に行くのが朝日たちの楽しみだったのですが、赤ちゃんがいるので賢二から今年は難しそうだと聞かされました。
そして、賢二(高橋克典)の結婚パーティーのフィルムを三人で見ていると、朝日は帰ってしまいます。
残された谷山波奈江(戸田恵梨香)は賢二(高橋克典)のパーティーのフィルムを見続けます。
中には、朝日の元カノの香澄も映っていました。
谷山波奈江(戸田恵梨香)が朝日に片想いしている事を知っている賢二(高橋克典)は謝りますが、却って闘志が沸いて来た、という谷山波奈江(戸田恵梨香)。

朝日は砂浜で、一倉香澄(長澤まさみ)のことを思っていました。
香澄は朝日の恋人だったが、3年前、突然、姿を消したのです。
友人の矢井野孝至(勝地涼)からも、あきらめろと言われていましたが、忘れることはできませんでした。
忘れようとしても、香澄のことを考えない日は一日としてありませんでした。

朝日の写真スタジオでは、先日の千代原夏希(香里奈)と古山幸太(福士誠治)の写真を纏めていました。
これ、納品するんですか?と助手の質問に、オーナーは、先方のご都合はあっても、やはり納品すべきものと答えていました。

一方、千代原夏希(香里奈)は新郎に逃げられたショックからか、実家で鬱々とした日々を過ごしていました。
千代原夏希(香里奈)はレストランの雇われ店長だったのですが、元のレストランに行ってみると、もう新しい店長が来ていました。

そんな千代原夏希(香里奈)の元に、朝日から写真の請求書と手紙が届きました。
本来ならばDVDと写真を送るべきだが、事情が事情なのでこちらで保管しますと書いてあり、一日も早く素敵な笑顔を取り戻して下さい、と書いてありました。

ある日、賢二(高橋克典)や三厨朝日(山下智久)たちが、毎夏、勢津子が切り盛りする海の家「青山」に行くのが朝日たちの楽しみなのに、なんとかならないのかとボヤいていました。
でも赤ちゃんがいるのだし…と色々悩んでいるところ、朝日の携帯に着信がありました。

朝日に電話して来たのは千代原夏希(香里奈)でした。
先日の、朝日が書いた手紙に対するお礼と、殴ってしまった事のお詫びの電話だったのです。
そんな夏希(香里奈)に、朝日は困っているレストランがあるので、一日だけ手伝って貰えないかと頼みます。

結婚式のとき、夏希(香里奈)がシェフであり、大変な料理の腕前だと絶賛されていて、カメラマンとして同席していた朝日は、それがただのお世辞とは思えなかったので、是非夏希(香里奈)に頼みたくなったのでした。

海の家に連れて行き、本当はひと夏、海の家を頼みたいのだと話す朝日や賢二(高橋克典)や谷山波奈江(戸田恵梨香)の頼みを無下に断る夏希(香里奈)。

帰りの車の中でも朝日は懸命に頼み込みますが、頑として受け付けない夏希(香里奈)。
だから逃げられんだよ、と言ってしまった朝日に激怒した夏希(香里奈)は、車を降りてしまいます。

無理に歩いて駅まで行ったのですが、電車は無くなってしまいました。
そんな夏希(香里奈)のところに朝日が来て、車に乗せて賢二の店に連れて行きます。
結局、夏希(香里奈)は波奈江(戸田恵梨香)の家に泊る事になります。

波奈江(戸田恵梨香)との会話で、波奈江(戸田恵梨香)が朝日を好きな事、その恋が叶っていない事、朝日は未だに大きなビールの看板の中で笑う一倉香澄(長澤まさみ)がライバルだという事なども知ります。

その夜、夏希(香里奈)が1人で海を見ているところに朝日が通りかかります。
夏希(香里奈)は指輪を遠くに投げて欲しいと朝日に一旦頼みますが、やはり自分でやると言って頭を抱えてしまいます。

翌朝、波奈江(戸田恵梨香)は夏希(香里奈)を下嶋勢津子(板谷由夏)のところに連れて行きます。
二人は勢津子と夏希は料理人としての会話が結構はずみ、夏希は海の家の準備に少しずつ巻き込まれていきます。

朝日は夏希(香里奈)に結婚式のDVDを手渡します。
こんなの貰って私が嬉しいと思う?と聞きますが、結局受け取ってしまいます。

皆が準備ににぎわう中、朝日は1人で浜辺でたそがれています。

回想シーン
香澄 私がもし消えたらどうする?
朝日 そんなの探すの決まってるじゃん。
香澄 それでも見つからなかったら?
朝日 待ってるよ。
香澄 待たなくて良いよ。
香澄 待ってるって聞くと気が重いんだもん。
香澄 待たないって約束して。
朝日 だったら香澄も約束して。俺の前から消えないって。
香澄 消えるわけないじゃん。だってまだ48時間のDVD一緒に見てないし。

香澄は約束を破り、朝日の前から消えました。

回想シーン終わり


夏希(香里奈)は砂浜に手で

幸せを心より祈っております

と書きました。

朝日がそれを見ると、朝日が夏希(香里奈)に書いてくれた手紙にあったこの言葉に少し救われたから、お返しなんだと夏希(香里奈)は言います。

朝日はその言葉を、消えてしまわないうちに、とカメラにおさめます。
しかし、その文字を書いてくれていたときの夏希(香里奈)が海がめの産卵のようだったと言って笑います。

その夜、結局その日も波奈江(戸田恵梨香)の家に泊ることになった夏希(香里奈)がDVDを持っているのを見て、波奈江(戸田恵梨香)が何これ?と聞きます。
自分の結婚式のDVDだと言うと、見ても良いかと波奈江(戸田恵梨香)が聞くので、夏希は「良いよ。でも私は見ないよ。」
と、その場を離れます。

少しして、このDVD、本当に結婚式の?と波奈江(戸田恵梨香)が聞きます。
旦那さんになる予定だった人が全然出てこないけど?と言われ、夏希(香里奈)も一緒に見ると、夏希(香里奈)とその友人や母が夏希(香里奈)に対するメッセージや愛情あるエピソードを話している、夏希(香里奈)にとって嬉しい価値のある部分だけのDVDに編集してくれてあったのでした。

朝日は、人の気持ちのわかる、優しい人間なのだと再確認した波奈江(戸田恵梨香)は、昼間、桐畑光(窪田正孝)に「お前こそ時間を無駄にしている」と言われたことが少し引っ掛かっていた様子だったのですが、やはり朝日を諦められない気持ちになり、やっぱり朝日を追う事を「やめられない」、と言います。
夏希もそれを聞いて、応援すると言います。

この桐畑光は、波奈江が好きなのかも知れませんね。

夏希はどうやら海の家を手伝うことになりそうですね。
今後どう展開して行くのか楽しみです。
来週もあらすじを追ってみたいと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラ・サルサでトルティーヤとタコス食べ放題 [バイキング/ビュッフェ/食べ放題]

ラ・サルサはメキシコ料理のお店です。
横浜みなとみらいの横浜ワールドポーターズ5Fにあります。

ずっと前から目を付けて行きたかったのですが…なかなか行くチャンスが廻って来なくて、やっと昨日、ラ・サルサに行く事が出来ました。
ラ・サルサの前に、同じワールドポーターの、同じ階のフェスタガーデンにも行ったのですが、こちらもとても良かったです。

横浜みなとみらいにはホテルが沢山ありますので、ホテルのビュッフェもあり、主要どころは全部制覇していますので、そのうち一軒一軒レポートを書きたいと思っています。
ホテルのバイキング、今のところの我が家での第一位はランドマークタワーのシリウスです。

少し話しが逸れてしまいましたが、このラ・サルサは外から見てもなんだかとても楽しそうだったし、お値段もリーズナブルですよね。

2013-02-11 13.37.09.jpg

LASALSA.jpg

ラ・サルサはメキシコ料理の命、自家製トルティーヤ(目の前で焼いてくれます)、タコスが、メキシカングリルとサルサで自分好みの味で食べられます。

ランチタイムはビュッフェ(食べ放題)のお店です。
食べ放題が大好きな私はランチビュッフェで行って来ました。
ランチタイムと言っても、嬉しい16時まで。
それ以降はディナータイムになるようですね。
メキシカンビュッフェ.jpg

メキシコ料理ですのでスパイシーで、とても辛いソースもあります。
もちろん、辛くないものもあります。
どれも美味しいです~!!
口コミで見たら、日本人好みにしてしまってはいない、本場メキシコの味らしいです。
それを聞いて、主人はちょっと変わった物が苦手なので心配でしたが、どれも美味しいと喜んでいて安心でした。

私はスパイスや香料が大好きなので最初から楽しみなばかり。

サラダバーもサラダの種類は充分でした。
レタス、水菜、コーン、ポテトサラダ、トマト、キュウリ、ブロッコリー、ニンジンなど種類も豊富。
ドレッシングもメキシカンとシーザー、和風がありました。

メキシカンピラフがとても美味しいし、パスタも二種類ありました。
カレーもスパイシーでとっても美味しい!
あと、フライドチキンが、ケンタッキーで言うクリスピータイプなチキンでとても美味しかったです。
外はカラッと中はジューシー、味付けもシンプルながら良いお味でした。

トルティーヤやタコスのあるカウンターには、タコスが置いてあり、目の前でトルティーヤを焼いてくれます。
そして、トルティーヤに載せる具(?)と豊富な種類のソースがあるので、具とソースを好きなように貰って来ます。
激辛の大好きな私は、ハラペーニョも忘れずに貰って来ました♪

具を欲張ると全然巻けないのですが、巻けるだけ巻いて食べて、後は具だけ食べました(笑
トルティーヤ.jpg

ソフトドリンクも料金に含まれています。
ソーダ系、ジュースにお茶にコーヒーが飲めます。
アルコール類は別料金です。
ビールはアサヒ系で、アサヒスーパードライとかがありました。
コロナビールもありました。

デザートは、プリン、ゼリー、コーヒーゼリー、タピオカミルク、アイスクリームが6種類くらいありました。

とても楽しいラ・サルサでの食事の後は、つい同じ階のゲームセンターに行ってしまうのですが、その途中に、スイーツのクレーンゲームがあるのです。

下手なくせに、取れたらすぐ帰らないとならなくなるから、最後にしよう、と言ってはトライし忘れて帰るので一度もやった事がありません!!(笑

スイーツクレーン2.jpg

結構取れるんですよ、と店員さんがおっしゃっていたので、次回こそトライしてみます。

スイーツクレーンズ横浜.jpg

滅茶苦茶美味しそうなのばかりあるんですよね~。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みんなエスパーだよ あらすじ ネタバレ 最終回 結末 [みんなエスパーだよ]

みんなエスパーだよ! あらすじネタバレ 最終回結末です

みんなエスパーだよ! いよいよ最終回ですね!
みんなエスパーだよ!第1話あらすじ
みんなエスパーだよ!第2話あらすじ
みんなエスパーだよ!第3話あらすじ
みんなエスパーだよ!第4話あらすじネタバレ
みんなエスパーだよ第5話あらすじネタバレ
みんなエスパーだよ第6話あらすじネタバレ
みんなエスパーだよ第7話あらすじネタバレ
第8話
第9話
第10話
第11話

2013年春のドラマ一覧表
2013夏のドラマ一覧表

突然、紗英が、何者かが憑依したように語りだしました!
「駅前のパチンコ屋の屋上にあるスペースシャトルこそが世界の最終戦争のハルマゲドンのキーとなるのだ、あれはUFOだ!」
と言います。

すぐに教授は、秋山に調査を指示しました。
しかし、秋山さんはハリボテだと言います。
しかし、教授は紗英が超能力研究を理解してくれたと喜び、その言葉に耳を傾けません。

さらに、エスパーやマスコミを前に「みんなであのUFOが飛び立つのを阻止しよう!」と訴えかけます。
ほとんど、浅見さんがこの前話したまんま話しています…。
教授、これなら、キャバクラでお姉さん達相手に酔っ払っていたときの方がマシだよ…と思う嘉郎。

教授の発言はマスコミにも大きく取り上げられましたが、誰にも信じて貰えず、いつしかエスパー達は街の笑い者となってしまいます…。

パチンコ屋にまで、エスパー入店禁止と書いてあったり、街を歩いていても指差して笑われたり。

その頃、茂木研一と西郷隆盛(竹内力)が電話で話しています。
二人の目が怪しく光ります。

そして、シーホースのテルさんのもとに、高校生アルバイト募集中という貼り紙を見て、ミツル(栗原類)と西郷隆盛(竹内力)が、アルバイトとして雇ってくれとやって来ます。

一方、食事中の浅見家に西郷隆盛とミツルがやって来ます。
そして、浅見さんに向かって、万能エスパーと呼びかけます。
浅見さんも、父親の浅見教授に、実は、あの夜、私もオナニーしたの…と打ち明けます。
そして、浅見さんの使命は、嘉郎の能力を目覚めさせる事だと言います。

ミツル(栗原類)と西郷隆盛(竹内力)は、アルバイトとして雇われたようです。
二人はシーホースに居て、嘉郎に向かって、脳を動かすときが来る、などと色々と意味深に話しかけて来ます。
西郷隆盛は、頭を三回叩いてワンワンワンだ、いいな?
と、訳の分からない事を言って嘉郎に念を押したりします。
しかし嘉郎には何のことやらさっぱりわかりません。

そして、全ては唐突に終わります。
教授から呼び出しを受けて浅見さんの家に行ってみると、三人が東京に帰るというのです。

ある日、シーホースで落胆する嘉郎はじめ、エスパーたちは、今後どうするか話し合います。
美由紀に、あんたが決めり! と、解散するのかどうするのか迫られ、解散すると力なく言う嘉郎。
美由紀はすっかり嘉郎にがっかりしてしまったようです。
西郷隆盛とミツルは、それを聞いてすぐに、シーホースのバイトを辞めてしまいます。

それぞれ何事もない以前の生活へと戻っていきます。
そして何事もないまま一年が過ぎ…

ある日、シーホースに嘉郎がいると、テルさんが居眠りしていてテルさんの頭の上で飛行機の模型が浮いています。

嘉郎の脳裏に、茂木健一郎が、パチンコ屋の上のハリボテ飛行機を背に

明日、USA(ウサ)が!

と言っている姿が浮かびます。

しかし嘉郎はそのままぼんやりとしています。

次の日、ぼけっとしながら嘉郎が道を歩いていると、嘉郎の頭の上をUFOが何台も飛んでいきます。
ヤスや街の住人達が大騒ぎで大変なことになったと走っています。
UFOは道や街を燃やし尽くして行きます。
また、ウサギ型のロボットも出現し、街を破壊して行きます。
ウサギを見て、あれは、USAユーエスエーじゃなくて、ウサだったんだ!と気付きました。

嘉郎は雄たけびを上げ、走り出します。

僕が世界を救うんだ~!

嘉郎は、西郷隆盛とミツルに教わった、頭を三回叩いてわんわんわん。

を思い出します。
実際にやってみると、嘉郎の目から光線が出て、UFOやウサギ型ロボットを攻撃する事が出来たのです。

ミツルと西郷隆盛が何処からともなく出てきて、嘉郎君、やっと能力が目覚めたな!と言います。
第一級完全エスパーよ、完全に目を覚ましたな!
今から、あの一年前のシーホースでの決断のときにタイムスリップする、もう一度やり直せ、と言われます。

そして、嘉郎は本当にあのシーホースで、解散を決めたときに戻っていました。

美由紀ちゃんが、あのときと同じように、解散するかしないのか、嘉郎が決めり!

嘉郎はすかさず、解散はしない。
俺は浅見教授の言ったことを信じてエスパーとして世界を救う!

嘉郎がそう言うと、教授と秋山さんと浅見さんがニコニコしながら出現して

第一級完全エスパーよ、完全に目を覚ましたな!

そして嘉郎たちエスパーは、東三河はじめこの世界を救うため、立ち上がったのでした。

-終-




オープニングの曲は高橋優さん。
(Where’s)THE SILENT MAJORITY?




エンディングは石崎ひゅーいさんの夜間飛行



トランスペアレント はなまるでキーワード紹介 [ハンドメイド]

トランスペアレントというキーワードをはなまるで紹介していました。
ファッション用語としてです。

はなまるでも言っていましたが、昔はシースルーと呼んでいましたよね。

「transparent」は「透明な」という意味で、私はトランスペアレントと聞くと、どちらかと言うとコンピュータ用語を思い出してしまいます。
画像の透過とかでも使うし、「ディスプレイドライバーによって、このアプリケーションはトランスペアレントに(透過的に)ディスプレイデバイスを扱うことができる」みたいな例で使う感じでしょうか。
む、ちょっと使い方変かな(汗
詳しい方、突っ込まないでね(笑

トランスペアレントねぇ…
両親がクラブでトランス踊ってるような恐ろしいビジュアルが頭の中を過ぎり、急いで打ち消しました。

ファッション用語としては、

春夏シーズンにふさわしいトランスペアレント(透ける)な装い

というような使い方みたいですね。

透け感があって、素肌や重ね着したウェアが生地を通して見える状態についての総称として使われるようです。

オーガンジーやシフォン、チュール、レースなど、繊細な薄手素材を使って、下に着ているウェアとの組み合わせで全く違う表情も出せるし、面白い着かたですよね。

今シーズンは、風合いの異なる素材とミックスし、互いの持ち味を引き立てるような使い方に注目が集まるそうです。
服の上からトランスペアレント素材を重ねて3Dのような立体感を出す「春夏レイヤード」が流行しているそう。

以前、雑過ぎる作り方の簡単チュニックのとき、これを目指していたのですが、ちょっと透け感が足りなくて、どっち付かずになっちゃったんですよね。
↓このくらいの中途半端な透け感では、トランスペアレントにならないかなという感じでした。
型紙不要チュニックブラウス超簡単

今回は思い切りトランスペアレントという事でこの生地を買いました!
えんじ100円布3.jpg

充分トランスペアレントです~。
またしても渋谷のマルナンさんで1m100円で買っちゃったものです~。

この布、よ~く見ると柄があるんですよね。
写真でわかるでしょうか。
えんじ4.jpg

えんじ100円布2.jpg

えんじ3.jpg

もう1つ、黒と白のレースの生地を横浜のベイクォーターの5F・6Fにあるユザワヤで買ってしまいました。
こちらも後日生地の写真をアップしたいと思います。
これは元々高い布をタイムセールで半額でゲットした布で、それでも1m 1,650円という、普段の自分からは考えられないような値段のものですが、一目ぼれして、しかもそれが今の時間だけ半額、とか言われてしまうと抗えませんでした。

たまには、きちんと型紙を使って裁断して縫おうかなと思いつつ、いつものクセでハサミだけ持ってジョキジョキして縫ってしまうのかも知れません。

出来上がったらまたアップします。失敗しなければ…。

アップしました↓

結局また、型紙なしの超簡単チュニック ブラウスになってしまいました。
型紙なしソーイングやめられません。
とくに夏場はね~。

さて、せっかくはなまるマーケットでトランスペアレントという言葉を教えて貰ったばかりですので、トランスペアレントをお題に、ソーイングしてみました。

相変わらずの超手抜き型紙要らずのやり方です。

エンジ裁断.jpg

生地を長方形に折って…
切るのはこれだけ。
雑過ぎチュニック2.jpg

下に花柄のキャミを着るとこんな感じ。
花柄キャミ.jpg
花柄あがり.jpg

下にこんなキャミを着ると
キラキャミ.jpg
こんな感じ
キラあがり.jpg

糸はこれ
糸.jpg

他にも透ける素材で、暫く今年のファッションキーワード「トランスペアレント」のソーイングをしてみたいと思っています。

このレースの生地はトランスペアレントという程、下に着ている物の色が反映されませんが、結構穴があいているので、キャミの色によってはトランスペアレント風に着こなす事が可能な生地かも知れません。
ユザワヤのタイムセールで半額で買った生地です。

黒レース横生地.jpg

☆河口ボビンキャッチャー(KI21)

☆河口ボビンキャッチャー(KI21)
価格:315円(税込、送料別)







旬かもわからない

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。